最近の記事

スポンサーサイト
スポンサー広告 | TOP ▲
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL | TOP ▲
夏に備えて
日常 | TOP ▲
仕事で使用し長らく愛車後部にほったらかしにしていた缶スプレーがあったのですが、これから夏を迎えて気温が高くなると爆発する危険があるとかでビビリーなボクはこれ以上災難に合うのはまっぴらという底辺の負の概念から逃れることができず、缶スプレーに穴を空けてガス抜きを試みることにしました。

愛車の後方で缶の底に釘の先っちょを押し当て、好みのオッパイ位の大きさの石コロでガンガン叩いてみたのですが、ちっともガスが抜けてこないし、ちっともオッパイ触ってる気になりません。

(ハハン♪なんだよ、こんだけ刺激与えてもチッとも出やしねぇのか、この役立たずの枯れチ○コめ!)

などど自らのチ○コを棚に上げつつ脈絡なく罵倒しながら穴の開いた缶スプレーをそれとなく振ってみましたところ、皆様のご想像どおり穴から真っ赤なペンキがブシュウッ~といきなり吹き出しまして。

マメがハト鉄砲くらった位キョドッてしまった私は、日本女子7人制ラクビー「サクラセブンズ」の富田真紀子選手バリに愛車の方向へ缶スプレーをミラクルパス。

な・・・なんだか愛車の後部バンパーが、「今ハネてきました☆」的にベットリと赤に染まってしまい、いい感じの飛沫がよりソレをソレらしくさせて犯人のボクチャンでさえ怖い。

思わず自首してしまいそうになるナイーブな気持ちを抑えつつ慌てて車内にあったティッシュで拭き取ろうとするものの、速乾性のスプレーの原液の為、既に乾き始めてベトベトしており、拭き取れないはおろかティッシュのカスがベタベタと貼りつき不必要に臨場感を煽る仕上がりに☆

結局全くペンキが落ちることはなく、運転中後続車の運転手の皆様の冷ややかな視線をヒシヒシと背中に感じ、これが責任感のある立場に立った人間の感覚が…などと間違った認識を育て上げるのでした。

車屋でバンバー交換等したら警察密着24時に出てくる忙しいと言いながら撮影前日にキッチリと散髪して一張羅のスーツ着てくる刑事がテキトーに絞り込んだ容疑者のリストに載ってしまいそうなので、まだそのまんまのバンパーですし、自首もしてません。


スポンサーサイト
[2016/06/13 16:22] | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL | TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。